アパートローンの借り換えで得られるメリット

借り換えとは、既に契約しているローンよりも金利負担が少ない銀行のローンに乗り換えることを指します。一度、銀行でアパートローンを組んでいると他行へ乗り換えることはできないと思っている方もいるかもしれませんが、現在ローンを組んでいる銀行で必要な手続きを踏めば問題ありません。アパートローンの借り換えで得られるメリットは、なんといっても金利による負担を減らすことが出来るという点です。例え、現在の金利よりほんの少しの違いだったとしても、アパートローンは少額ではありませんので長期にわたって返済を続けることを考えると最終的な返済額の差が1000万円近くになることもあります。このように金利の差は大きく、多少の違いでもメリットがあるといえるのですが、アパートローンの借り換えに発生する諸経費は一般的に未払い利息分の6~8%程度となっていますので、現在の金利よりも1%以上の違いがないとメリット享受することは難しいといえます。ですので、その点はしっかり計算をしてメリットがあるのかどうかを考える必要があります。その他、得られるメリットとしては返済の負担が多少軽くなることから、アパートの修繕や設備費用などに新しく投資をすることが出来るようになるという点です。今までしたいけれど資金面で難しかった部分を改善していくことで現状よりも魅力的なアパートにすることが出来、それだけ安定した収入を得ることが出来るようになるはずです。

アパートローンを分割したときにかかる金利のタイプ

不動産投資として人気があるアパート経営をするには、金融機関から融資を受けてから行うことになります。アパートを建築するときには、アパートローンを利用することになりますが、殆どの場合分割で返済します。アパートローンを分割したときにかかるのが、金利です。金利には、変動金利型、固定金利選択型、全期間固定金利型の3タイプが主にあります。変動金利は、低金利が続くときには元本を早く返済出来ます。しかし、金利が変動するので、状況次第で金利が上がる可能性もあります。固定金利選択型は、例えば30年返済にした時に、3年・5年・10年など設定した期間だけは一定の金利で返済を行います。返済計画は立てやすいですが、固定金利期間が終わると、次に固定金利または変動金利を選択することになるので、一定の金利があがるリスクがあります。全期間固定金利は、全ての返済期間が一定の金利になっています。上がる可能性はありませんが、他の借入条件と比べて金利が高めに設定されていて、元本も減りにくいです。とくに、一定期間経過したあとに、繰り上げ返済などを予定しているときには向いていません。他にもアパートローンの分割では、借入を二つに分けて、一つは30年返済、もう一つは10年返済と分けて返済するアンサンブルローンもあります。最初は返済額が多いですが、一つが完済すればその後は返済が楽になります。最初は賃貸収入を見込んでいなくても、定年後に収入を確保したい人に向いているアパートローンです。私も将来はアパートローンを利用したいなと思っていますが、当面は今生きていくだけで必死だったりします…。(今月も電話確認なしで借入できるローンがないか検索してしまいました…)

アパートローンの金利相場について

アパートローンとは、アパートを経営するための資金を銀行などから融資してもらうことで、借入金も高額で返済期間も長くなる傾向にあるため金利は安く設定されています。住宅ローンと同じような商品であることには変わりなく、住宅を購入しようとしたが、購入する物件が住宅と認められなかった場合には、アパートローンなどを契約することもできます。大手都市銀行や地方銀行などでは金利が2パーセントが相場とされており、ソニー銀行や住信SBI銀行や楽天銀行などの新興勢力のインターネット銀行などは0.5パーセントや0.6パーセントと低い相場になっています。これは、大手都市銀行や地方銀行などは取引件数の多さや実績などがあることから、アパートローンを借りる人も安心して利用することができるので高めに設定されています。また、大手都市銀行などは全国に支店を持ち、多くの行員を抱えていることもあって、人件費やその他の経費が莫大にかかってしまいます。これらの経費を回収するためには金利を高く設定して、利鞘を稼ぎだす必要があるからです。新興勢力のインターネット銀行などは、人件費などを可能な限り削り、店舗数も少ないことから、人件費などの経費も少なくて済むので、大手都市銀行に比べて安いローンでもお金を融資することができます。また、このような安い値段で貸し出しをしなければ、ローン契約者を確保することが困難になることから、値段を安く設定しているのです。

アパートローンで頭金を入れるメリット

不動産投資を行う方法としてスタンダードなのが、マンションやアパートなどの賃貸物件の経営です。これらのうちマンションの場合には投資するためには数億円というお金が必要になりますが、アパートでは数千万程度で建てることが可能で、場合によってはサラリーマンでも経営することが可能です。これらアパート経営を支援するためのローン商品としては、アパートローンがあります。アパートローンは住宅ローンよりも融資金額が大きいものですが、そのぶん金利も抑えられています。またアパートローンは住宅ローンと異なり、借り入れる本人の返済能力のほかアパートそのものの収益力も審査の基準になります。一方で、アパートローンも住宅ローンも将来の返済リスクを考慮すると頭金を入れておく方が良いとされます。頭金を入れる目安としては、購入する物件の2割程度とされますが、多ければ多いほど返済が早く終るため、メリットがあります。返済が早く終ることにより、余分な金利を支払う必要がありませんし、月々の返済額も減らすことができます。特にアパートローンでは頭金を入れて、はやく返済を終わらせることで、その後のアパートの収益をすべて得ることができるメリットがあり、住宅ローンに比べて、その後の収益があるため投資として、資産を増やせることができます。またアパートの場合には将来における修繕費の積立も必要であり、早くローンを返済し終える方が、経営をしていく上でもメリットがあります。

アパートローンは中古でも利用できるのか

不動産投資としては土地を購入して駐車場経営を行ったり、分譲マンションを購入したりして賃貸で貸し出すといった方法などがありますが、近年では一棟まるごと買取って行うものも増えてきています。これは新しく建てるよりもリスクが低いものです。しかし、この場合でも中古を購入することになりますが、マンションの場合には億というお金が必要であり、一般のサラリーマンが参入するのにはハードルの高いものといえます。一方でアパートであれば比較的規模が小さく中古ともなれば価格も割安というメリットがあります。しかし、それでもその資金を用意してから投資するというのは気の長い話であり、そのため、近年はアパートローンと呼ばれる商品も販売されています。アパートローンは、アパートを購入するためのローン商品であり性質的には住宅ローンと似ています。しかし、アパートローンが住宅ローンと違うところはアパートからの賃貸収入があるという点です。このため本人の信用力のほか、そのアパートがもつ収益力が審査の対象になるため住宅ローンと変わらない程度の信用力でアパートローンを利用することが可能です。また中古でも築年数が新しかったり居住している住人が若いといった場合には優良物件と判断されるので、それだけローン審査に通りやすくなります。また新築と比べてすでに建っており居住者もいる場合には、それだけ実情が分かっているため有利にローンを組むことが可能といえます。